カテゴリ:TRAVEL( 267 )

東 旅 Ⅲ

b0144952_22234381.jpg


帰りには尾道でいま話題のスポットへ寄り道。
海に面した気持ちのいいところにありました。



b0144952_22242299.jpg


ここだけいきなり都会!な
店内のお洒落でセンス良すぎる空間にも感動しましたが、
外のひろーいウッドデッキの気持ちいいことといったら!

こどもたちもこの旅一番のはしゃぎっぷりで
旅の終わりを満喫。

b0144952_22244254.jpg


生後10か月をむかえた次男もドーンと鎮座。
華奢な未熟児でうまれた姿はもう思いだせないくらい
立派に成長中。
よく食べよく寝る、九州男児です。




b0144952_22240074.jpg


弟が抱っこされてると自分もして欲しい兄。
4歳だけどまだまだかわいい長男です。



b0144952_22250030.jpg

こんな感じで三連休を謳歌したわが家。
また家族で旅にでれるようがんばって働こ!


おしまい。





by acco0902 | 2017-05-16 14:59 | TRAVEL

東 旅 Ⅱ

b0144952_22224509.jpg


翌朝、いよいよ倉敷へ到着。
もう何度目かの倉敷だけど、
いつ来ても何度来ても美しい町。



b0144952_22223327.jpg

相棒氏の影響で、
わたしもすっかり建築物に目がいくように。


漆喰が美しい。



b0144952_22221328.jpg

店先の看板もこだわってるものが多くて
とても参考になる。


とにかく美しいものを目にすると
テンションがあがるなぁ。


b0144952_22213585.jpg

路地もまた良し。


b0144952_22171258.jpg

硝子にうつる景色も美し。



b0144952_22095968.jpg


インドの僧侶だというひとに
突然抱っこされる次男。謎




b0144952_22094205.jpg


蔦が生い茂る喫茶店。
室内もとても美しく、
蔦の間からさす光がまた綺麗でした。



b0144952_22173978.jpg


民芸の精神が息づく町。
そこかしこに美しい文字。


b0144952_22211415.jpg


念願だった倉敷民藝館へ。
相棒氏がこども二人を見てくれてる間、
しばし一人で日本の美を堪能しました。

ありがたや、ありがたや。


b0144952_22232397.jpg



外にでると男三人で鯉に餌やってました...。




b0144952_22230805.jpg

倉敷2日目は、
今回の最大の目的地クラフトフェアへ。
写真はまったく撮ってないけど、
知りあいの作家さんが出店していたり、
新たな出会いあり、学びあり、気づきありの
奥深い時間を過ごしました。



まだまだ、
つづく。




by acco0902 | 2017-05-15 22:38 | TRAVEL

東 旅 Ⅰ

b0144952_21200613.jpg


遅ればせながらわが家のGWということで仕事を兼ねた家族旅へ。
目的地は倉敷。

いつものごとく車での長距離移動なので、
気分転換に宮島へ寄り道。


b0144952_21194502.jpg


こどもたちも日常と違う景色にテンションあがってる様子。
相棒氏がずーーっと運転、
私とこどもたちは後部座席でぐーすか寝るかおやつ食べるか。
あー贅沢。
ありがたや、ありがたや。


b0144952_21281197.jpg


4年ぶりの宮島は、
相変わらず修学旅行生や外国人が多い。
そして鹿も多い。


長男の希望で水族館へ行ったのですが、
そこへ向かうタクシーの運転手さんが
簡潔明瞭に宮島の歴史を説明してくれたのがとてもわかりやすく、
地元の人しか通らないような道には情緒と風情があって
ゆっくり歩いて見てまわりたい島だな、
と初めて思ったのでした。



わが家の旅行記、
あとちょっとつづく。




by acco0902 | 2017-05-14 21:33 | TRAVEL

た か ら さ が し

b0144952_15331802.jpg


すべての窯元をめぐってたくさんの器のなかから
宝探しのように見つけ出し
大切に持ち帰ってきたものがこちら。


80歳をすぎてなお現役で作陶を続けるおじいちゃんの手から
つくりだされる飴色の器たち。


わたしたち夫婦言葉を交わすわけでもなく満場一致で
一瞬で目とこころを奪われたのがこちらの窯元さんでした。


シンプルでかわいらしいものより、
渋くて深みのあるものが好きです。



by acco0902 | 2015-08-28 15:40 | TRAVEL

伝 統 を 継 承 す る

b0144952_21443099.jpg


基本おんぶを要求する昼寝から起きたて坊主。
とーちゃんの背中、汗びっちょりです。



b0144952_21325284.jpg


のどかなのどかな山間の集落。
でも若い女性のグループや若い家族連れが結構歩いてて、
きちんとした仕事をすれば辺鄙な場所にでも人は集まるもんだなー
と、経営者目線になってみたり。



b0144952_12283462.jpg

共同窯。
かっこいいー




b0144952_21460817.jpg

30分~1時間もあればゆっくり見て回れる美しい所でした。





by acco0902 | 2015-08-28 15:24 | TRAVEL

変 わ ら な い も の

b0144952_21285379.jpg


小鹿田焼が産声をあげたのは18世紀。
それから変わらない方法で作り続けられ現在に至ります。



カコーンカコーンと鳴り響くのは
機械を使わずに川の流れを動力にした唐臼。



b0144952_21334311.jpg


陶土の原料となる土は集落の近郊で採取され、
乾燥を終えた原土は唐臼で20~30日かけて粉砕されます。


へぇーーーー!


この唐臼の音がなんとも心地いいんですよねぇ。



b0144952_21360586.jpg


b0144952_21374998.jpg



つづく



by acco0902 | 2015-08-26 15:14 | TRAVEL

山 深 き 陶 の 里 を 歩 く

b0144952_16355228.jpg



暑い暑い夏のある日、
大分県の山奥にある小鹿田焼の里へいってきました。
大分といっても福岡との県境に位置するので
2時間くらいで到着。
っとその前に休日恒例の川遊びも満喫。



今や日本全国の雑貨店やギャラリーにも並んでいる小鹿田焼の器。
こんな山奥にある数件の窯元でつくられてるんだー
となんだか不思議な気持ちになります。



b0144952_16362366.jpg

緑に囲まれ、静かな里山に響くのは
川を流れる水の音とカコーンカコーンという唐臼の音。

なんだか歩いてるだけでも癒されます。


b0144952_16360107.jpg


数件の窯元はほどよい距離感に点在してあって
すべて歩いて見てまわれます。

各窯元では陶工たちが淡々と作業を続ける姿が。



b0144952_16361400.jpg


庭先には成形が終わった大小の器たちを天日乾燥しています。
圧巻の風景!



つづく



by acco0902 | 2015-08-24 16:49 | TRAVEL

み ず ぅ ー !

b0144952_17491025.jpg



b0144952_17481176.jpg


阿蘇山周辺はとにかく水スポットがいたるところにあって
水遊び大好きな息子はどこでもテンションアーップ!


すぐに服も靴もびっちゃびちゃに。
いつも宿泊日数の数倍もの着替えをもっていきます。




by acco0902 | 2015-08-16 21:32 | TRAVEL

ハ ン グ リ ー 精 神

b0144952_17502635.jpg

コレもコレもぼくのだいっ!



by acco0902 | 2015-08-11 07:11 | TRAVEL

water world

b0144952_17472459.jpg


週に一度のお休みはもっぱら水遊び。
阿蘇へむかう途中、小国町にある遊水峡へ。
前々から行ってみたかった場所です。

上流には滝があって下流は数百メートル浅瀬が続き
ちいさなこどもも安心して水遊びできる涼スポット。


b0144952_17473586.jpg


はじめは恐る恐るだった息子も
ズンズン進んでいって逞しく遊びました。成長!


最後は唇が紫色になってガタガタ震えながら
「まだかえりたくない~!」と
何度も川へ戻りました。


b0144952_17475003.jpg


山の水はとても冷たくて気持ちよかった。
今度はバーベキューしながら川遊びしたいな。


また行きたーい!







by acco0902 | 2015-08-10 15:00 | TRAVEL


心に響いた*すき*の瞬間をキリ撮っています。


by acco0902

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31