タグ:民芸/クラフト ( 12 ) タグの人気記事

仕 入 れ の 旅

b0144952_11312065.jpg


先日焼きものの買い付けに東峰村の小石原へ。


新ショップをオープンして8ヶ月。
葉太を出産して育児・家事・仕事を必死にこなす日々のなかで、
かなり商品が少なくなってるのがずっと気になっていました...。


生後半年をすぎて少しずつ長時間のおでかけも
できるようになってきたので、
ようやく買い付けにでかけたという訳です。




b0144952_11312946.jpg

とても天気のいいあたたかな一日、日帰り旅気分で。


すこしご無沙汰してる間に修行中の息子さんの
作品もたくさん展示されてあって、
それがもうとても新鮮で艶艶してて。


小石原の伝統を重んじながらも新しい風が吹いてる。


そんな感じ。



b0144952_11323347.jpg


長男同様、次男も幼少期からえらく渋い場所ばかり
連れまわされております。


b0144952_11321267.jpg

b0144952_11320111.jpg


窯元のみなさんありがとうございました。



いまならうちのお店に新作たくさん並んでおりますー。


heritage
www.heritage-archigram.com
www.facebook.com/heritageFUKUOKA
www.instagram.com/acco_heritage
福岡県福津市勝浦2407
10:00 - 17:00 月曜定休




by acco0902 | 2017-02-12 22:36 | EXHIBITION/WORKS

い つ も の 毎 日

b0144952_16073739.jpg


先週末、
せい&めい兄妹が自宅へと帰っていき静かな毎日が戻ってきました。


帰省中に撮ったおもしろたのしい写真がいっぱい。
ぼちぼちUPしていきますー
ちゃんと厳選してプリントもしないとね。


10月は兄妹のバースデー
ひさしぶりにPhotobackもつくりたいな。



by acco0902 | 2015-09-28 14:33 | SNAP

ぼ く が や る !

b0144952_15371823.jpg


おひつを導入してからというもの、
「ぼくがやる!」と
毎日張り切って家族三人分のごはんをよそってくれます。


おひつ初日目はよっぽど嬉しかったのか、
「おいしー、おいしー」と
白ごはん4杯もたいらげました。


昨夜はきのこ飯とサンマで秋到来。


by acco0902 | 2015-09-17 15:43 | FAMILY/HOME

ぼ く の だ い じ

b0144952_15503677.jpg


わたしがコツコツと集めているニッポン全国の郷土玩具。
息子はこれで遊ぶのが大好き。

「これはぼくのだいじー。」

「こっちはおかあちゃんのだいじー。」

とその日の気分で振り分けられます。


by acco0902 | 2015-09-16 15:52 | FAMILY/HOME

争 奪 戦

b0144952_19440280.jpg


我が家は全員そろって梨がだーーーいすき。
家からちょっと(いや結構)遠いお気に入りの梨園まで
ほぼ毎週買いにいっています。

たくさん買ってくるんですけどね、
朝に晩にもりもり食べるのですぐに無くなるんです。



by acco0902 | 2015-09-11 19:49 | FAMILY/HOME

A g e 3 8

b0144952_13570362.jpg

昨日ひとつまた年を重ねました。
相棒氏がケーキを買ってきてくれて、
三人で五個のケーキをぺろりと平らげました。

最近めっちゃおしゃべりになった息子からは
「かーちゃんおめれとー」
の嵐をいただきました♪


by acco0902 | 2015-09-03 13:59 | FAMILY/HOME

た か ら さ が し

b0144952_15331802.jpg


すべての窯元をめぐってたくさんの器のなかから
宝探しのように見つけ出し
大切に持ち帰ってきたものがこちら。


80歳をすぎてなお現役で作陶を続けるおじいちゃんの手から
つくりだされる飴色の器たち。


わたしたち夫婦言葉を交わすわけでもなく満場一致で
一瞬で目とこころを奪われたのがこちらの窯元さんでした。


シンプルでかわいらしいものより、
渋くて深みのあるものが好きです。



by acco0902 | 2015-08-28 15:40 | TRAVEL

伝 統 を 継 承 す る

b0144952_21443099.jpg


基本おんぶを要求する昼寝から起きたて坊主。
とーちゃんの背中、汗びっちょりです。



b0144952_21325284.jpg


のどかなのどかな山間の集落。
でも若い女性のグループや若い家族連れが結構歩いてて、
きちんとした仕事をすれば辺鄙な場所にでも人は集まるもんだなー
と、経営者目線になってみたり。



b0144952_12283462.jpg

共同窯。
かっこいいー




b0144952_21460817.jpg

30分~1時間もあればゆっくり見て回れる美しい所でした。





by acco0902 | 2015-08-28 15:24 | TRAVEL

変 わ ら な い も の

b0144952_21285379.jpg


小鹿田焼が産声をあげたのは18世紀。
それから変わらない方法で作り続けられ現在に至ります。



カコーンカコーンと鳴り響くのは
機械を使わずに川の流れを動力にした唐臼。



b0144952_21334311.jpg


陶土の原料となる土は集落の近郊で採取され、
乾燥を終えた原土は唐臼で20~30日かけて粉砕されます。


へぇーーーー!


この唐臼の音がなんとも心地いいんですよねぇ。



b0144952_21360586.jpg


b0144952_21374998.jpg



つづく



by acco0902 | 2015-08-26 15:14 | TRAVEL

山 深 き 陶 の 里 を 歩 く

b0144952_16355228.jpg



暑い暑い夏のある日、
大分県の山奥にある小鹿田焼の里へいってきました。
大分といっても福岡との県境に位置するので
2時間くらいで到着。
っとその前に休日恒例の川遊びも満喫。



今や日本全国の雑貨店やギャラリーにも並んでいる小鹿田焼の器。
こんな山奥にある数件の窯元でつくられてるんだー
となんだか不思議な気持ちになります。



b0144952_16362366.jpg

緑に囲まれ、静かな里山に響くのは
川を流れる水の音とカコーンカコーンという唐臼の音。

なんだか歩いてるだけでも癒されます。


b0144952_16360107.jpg


数件の窯元はほどよい距離感に点在してあって
すべて歩いて見てまわれます。

各窯元では陶工たちが淡々と作業を続ける姿が。



b0144952_16361400.jpg


庭先には成形が終わった大小の器たちを天日乾燥しています。
圧巻の風景!



つづく



by acco0902 | 2015-08-24 16:49 | TRAVEL


心に響いた*すき*の瞬間をキリ撮っています。


by acco0902

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30